どもです。



この休みは運動会がありました。

晴天に恵まれましたが、屋内です。


毎年思うことは

保育園に入ったばかりの頃は大泣きして離れてくれなかったのに

もうひとりで全然平気なんだなーって。

成長をしみじみと感じます。

0929運動会01

2人とも一生懸命応援してましたよー

(たまにふざけていたけど)



こういう「一生懸命」な場面は

どんな結果であれ感動するものなんだなと実感しました。



こまめとのまめの年中組さんは

竹棒を上って

てっぺんにある旗をとってくるという競技がありました。

0929運動会02

こんなの無理っしょ。



私が今、同じ年中クラスだったら絶対できなかったと思います。

みんなサルのようにすいすいのぼってとってくるんですね。


そういえば、手に豆をつくって帰ってきたっけ。

いっぱい練習したんだろうな~



運動会練習が始まったばかりの頃、

よくわからない踊りをしていた「よさこい」も

それっぽく動いていました!

0929運動会03

先生根気よく教えてくれたんですね!ありがたや!



感動といえば、自分の子に限らず、全園児が感動の的でした!

紅白対抗リレーで

アンカーの女の子が負けちゃったとき、最後にくやし泣きして

先生に抱き着いていたのは、今思い出しても涙がでてきます。

0929運動会04


くやしいよね。うんうん。

保育園最後の運動会だもんね。



来年また、こまめとのまめも

保育園最後の運動会。

感動しちゃうのかなー、泣いちゃうのかなー



あっという間なんだろうな。




地味にくまさんも保護者競技でがんばりました。

こちらもさり気に検討をたたえたいです。



オワリ